ホームヘッドスパ頻度は1か月に1回が目安!頭皮状態などで最適回数は変わります

ヘッドスパ頻度は1か月に1回が目安!頭皮状態などで最適回数は変わります

最終更新日:2018年11月30日

花ヘッドスパ

ヘッドスパは最適な頻度で受けることが大事です。やりすぎはよくありません。

ヘッドスパをうける頻度について、「何回がいいのか?」「何を基準に回数を決めればよいのか?」などについてまとめました。

сEѐT
сEѐT

ヘッドスパ頻度の目安は1か月に1回

一般的な目安として、ヘッドスパの頻度は、1か月に1回程度がよいと言われています。

本格ヘッドスパ専門店ワヤンプリやヘアサロンのトップスタイリストも以下のように言っています。

月2回のペースでヘッドスパに通い、頭皮と髪の状況が改善されてきたら、3週間に1回、月に1回とヘッドスパニストのアドバイスにしたがって、通う頻度を決めてはいかがでしょうか?
ヘッドスパ専門店ワヤンプリ ヘッドスパに通う頻度ってどれくらい?効果的な通い方は?
『ヘッドスパってどのくらいの頻度でやればいいの??』
と聞かれることが多いです。
諸説ありますが、
およそ3週間~1ヶ月くらいの間が良いとされています。
TONI&GUY神宮前サロン スタッフブログ

1か月に1回の頻度を推奨する根拠としては、頭皮状態の改善はすぐにできることではないので、1年ぐらい続けることを前提にして、月に1回程度様子を見ながらヘッドスパを受けてみるという考えがもとにあります。

なので、「抜け毛を減らしたい」「頭皮のべたつきを改善したい」「頭皮の臭いを抑えたい」などの悩みに長期的に取り組む心構えがあるとよいです。

あちこちのヘッドスパを月に1回試してみるのでは、施術内容の統一のなさが心配されますので、信頼できるサロンを探すことをおススメします。

ヘッドスパの最適な頻度はどうやって判断すればいいの?

ヘッドスパの頻度を決めるキーとなるのは以下です。

  • ヘッドスパの施術内容
  • 体のバイオリズムと頭皮の状態
  • ヘアサイクルと頭皮のターンオーバーサイクル

詳しく説明すると

施術内容によって最適な頻度は変わる

頭皮クレンジングを徹底的に行うような内容のヘッドスパの場合、やりすぎると、必要な皮脂まで取り去ってしまい、かえって頭皮がかさついたりべたついたりする原因になりかねません。

頭皮洗浄系ヘッドスパとマッサージや髪のトリートメント系のヘッドスパであれば、短期間に行っても問題がないことも多いです。

ただし、個人差や体調による違いはありますので、施術を受ける前には、「1週間前に〇〇というヘッドスパを受けたのですが・・・」などと、自分の状況をスパニストさんに伝えて、現状に最適なヘッドスパをしてもらうようにするのがよいです。

ヘッドスパの施術時間についてはこちらの記事も参考にどうぞ
ヘッドスパの施術時間ってどれくらいかかるの?

体のバイオリズムと頭皮の状態を知ろう

肌や髪が老化していくバイオリズムには、「停滞期」「減退期」「亢進期」という3つの状態があります。

停滞期は、新陳代謝が遅れたり乱れたりして、頭皮のべたつきや臭いが気になることが多いです。

減退期は、老化の症状が現れるときで白髪が増えたり髪のハリコシが弱くなったりしてきます。

亢進期は、体のバリア機能が弱っている時期で、免疫力低下によって体調を崩しやすかったり乾燥して頭皮にフケやかゆみが出たりします。

それぞれの時期にあわせて、頭皮の状態にあったヘッドスパを受けることが大切です。

つまり、体調や頭皮の状態によっては、いつもより施術頻度が高くてもOKの場合もあります。

体は常に変化しているので、何回と決めつけるのではなく、その時々にあった頻度があるのです。

女性の生理の時期とヘッドスパ

女性には毎月1回程度生理がありますが、生理の前後は体に異変を感じる女性が少なくありません。

イライラしたり、皮膚が敏感になったり、お腹が痛くなったり、身体がだるくなったり等々・・・。生理に関する体の変化は人それぞれで、生理痛が辛くて立っているのもしんどいという人もいます。辛い生理の時期に無理をしてヘッドスパを受けることはありません。体調の余裕のある時に受けることが基本です。

また、生理周期は高温期と低温期の2種類に分かれており、排卵があってから次の生理(月経)が来るまでが高温期です。この時期は新陳代謝が活発となり頭皮がべたつきやすい時期なので、ヘッドスパで頭皮環境を整えるのもよいでしょう。

ヘアサイクルと頭皮のターンオーバーサイクルを知ろう

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜けまた生えてくるという周期の事です。

一般的に2~6年くらいかけて髪が成長し、2~3週間の減退期と3~4か月の休止期を経て抜け落ちて、新しい髪の毛が生えてきます。

そして、頭皮は肌と同じく、1か月位のサイクルで、古くなった角質細胞が表面に押し出されて剥がれ落ち、新たな細胞に生まれ変わっています。

頭皮ターンオーバーのサイクルは、体質や生活習慣によってかわりますが、年齢とともに、周期が長くなり、20代で28日周期・30代で42日周期・40代で56日周期といわれています。

頭皮洗浄をやりすぎると頭皮のターンオーバーが早まりますが、未成熟の肌細胞が表面に出てしまうことは、肌が刺激を受けやすい状態なので、頭皮トラブルを起こしてしまう可能性が高いです。

なので、加齢や体調によるヘアサイクルや頭皮ターンオーバーのサイクルを見極めて、適切な頻度と内容で、ヘッドスパを行い、頭皮環境をよくして、健康な頭皮・髪を維持することが大切なのです。

ヘッドスパをやりすぎるとどうなるの?

頭部マッサージによる血行促進などについては、やり過ぎたところで、効果が感じられないだけで、血行が良くなりすぎるということは考えにくいですが、注意すべきは頭皮洗浄系のヘッドスパです。

シャンプーのやりすぎと同様に、ヘッドスパで頭皮の洗浄をやりすぎると頭皮が乾燥しすぎてしまう恐れがあります。

また、乾燥しているのでもっと皮脂の分泌が必要だと勘違いして、頭皮のべたつきがひどくなる場合もあります。

かゆみやふけは、わかりやすい症状の一つなので、自分の頭皮状態に気をつけるようにしましょう。

頻度を気にせずに受けられるヘッドスパもある

ヘッドスパといっても、リラックス目的の軽い頭部マッサージ等であれば、受けたいと思ったときに受けるのがよいです。

「目が疲れて頭が重いなぁ~」「首周りのコリがひどいからすっきりしたいなぁ~」なんて時に、ヘッドスパをつけると、短時間でリフレッシュ効果が得られるのでおすすめです。

施術内容によっては、ヘッドスパの頻度が多いことが原因で頭皮トラブルを引き起こしたり、頭皮環境が悪化する場合もあり得ます。

具体的には、クイックヘッドスパやヘアサロンのオプションメニューで受けられる簡単なヘッドスパメニューです。

まとめ:体調や頭皮状態を知りスパニストと相談して最適なヘッドスパを!

サロンなどで受ける一般的なヘッドスパの相場は5,000円から1万円位で、施術時間は60分から90分程度です。

同様に、美容や健康にかかわるサロンで受けられる施術としては、美容院で髪を切る・女性であればネイルサロン・エステサロンでスキンケア・整体などでマッサージやストレッチをうけるなどがありますから、現実的には1か月に1回以上ヘッドスパに行ける人は限られた人でしょう。

ヘッドスパの目的は美容と健康を兼ねているので優先度が高いとしても、2か月に1回位の頻度とし、シャンプーや頭皮美容液・育毛剤などの日常ケアと組み合わせて行うスタイルがよいです。

頭皮の状態は人によって違いますし、ヘッドスパや頭皮ケアを行うことによって、頭皮状態は変化していきますので、自分の体調や頭皮状態に耳を傾け、スパニストさんとよく相談をして最適な施術頻度でヘッドスパを取り入れましょう。



スポンサードリンク