ホームヘッドスパって痛いの?口コミまとめと対処法

ヘッドスパって痛いの?口コミまとめと対処法

最終更新日:2018年7月14日

頭を抱える女性
はじめてのヘッドスパで一番心配なのは「ヘッドスパって痛いの?」「どのくらい痛いの?」ということではないでしょうか。

ヘッドスパの種類による痛みの生じやすさや痛みの程度、なぜ痛くなるのか痛くないようにするにはどういたらよいかについてまとめました。

сEѐT
сEѐT

結論:ヘッドスパは痛いこともある

痛みの感じ方は人それぞれ違いがありますが、ヘッドスパを受けて痛いという人は少なからずいます。

気持ちイイを通り越して痛いということで、コリがひどくなければ、痛くはなくて気持ちいいだけで収まっていたのかもしれません。気持ちいいの延長線上にある痛さということでしょう。

「痛気持ちいい」という感想を持つ人はとても多いです。痛みに強い人やちょっと痛いくらいが効いている気がするというタイプの人は意外と多いのではないでしょうか。

涙が出るほど痛くても癖になるという複雑な心境ですね。意味のある痛さであれば、耐えた先に効果が期待できるので我慢できますよね。

ヘッドマッサージの揉み返しに注意

痛みが起きやすいヘッドスパは、主にヘッドマッサージです。

力を入れて頭部を圧迫するため、いわゆる「揉み返し」が起こる場合があります。

揉み返しとは、強く揉まれることによって、炎症を起こす症状で、打撲に近い状態ともいえます。

もし頭を打って痛くなった場合、場所が場所だけに、脳に損傷がないかなど心配になりますよね。

ビリビリとした頭痛・頭の筋肉を動かすと痛いなどの痛みがおきたり、気分が悪くなったりすることもありますので、注意が必要です。

「ヘッドスパの揉み返しだから大丈夫だろう」とたかをくくらずに、異常を感じたら、医師の診断をうけるようにしましょう。

ヘッドスパの痛みは好転反応なのか?

ヘッドスパの施術後に痛みがあっても、「痛いのは揉み返しで、好転反応だから大丈夫」という言われることもあるようですが、施術ミスがあった場合もあるので、鵜呑みにするのはよくないです。

好転反応は、ヘッドスパに限らず、マッサージやリラクゼーション施術全般であり得ることですが、痛みが強いから施術が上手いとは限らず、余計な力が入って強く圧迫しすぎている場合もありえます。

頭部マッサージは脳や頸椎に影響を及ぼす施術なので、異常を感じたら医師の診断を仰ぐのが一番安全です。

ヘッドスパで痛みが生じる原因

頭蓋骨の中には脳脊髄液が流れており、その中にやわらかい脳が浮かんでいる状態です。

強く圧迫すれば、脳脊髄液の循環に影響を及ぼす可能性があり、脳脊髄液の滞りによって神経障害を引き起こし、頭痛・眩暈などの症状があらわれることはありえます。

つまり、痛みが生じる原因は、施術を受ける人の体調にもよりますが、強く圧迫する施術方法にあると考えられます。

痛いヘッドスパを避けるには?

頭皮を強く圧迫する施術ではなく、頭皮の洗浄やオイルを使ったやさしいタッチのマッサージなどのヘッドスパであれば、基本的には痛みを感じることはありません。

また、ヘッドスパをつける前に、「施術後に頭が痛くなるのは嫌なので強いマッサージはしないで欲しい」と伝えるのもよいです。

頭部マッサージは人間の手で行うため、強さの調節がかなりできます。弱めのマッサージにしてもらうだけでも痛さはだいぶ変わってくるでしょう。

頭皮の血行促進が目的であれば、頭部マッサージ意外にも、オイルを使用したり、頭皮洗浄を行うことによっても実現可能です。

どうしても強めの頭部マッサージをしてもらいたいならば、整体や指圧の知識が豊富なマッサージ師を選ぶとよいです。

髪の美しさに重点を置いているヘッドスパなどで頭部マッサージの力が強すぎる場合などは、気をつけたほうがいいかもしれません。

頭部は体の中でも大事な部分なので、痛みやリスク回避を考えて、ヘッドスパ選びをしましょう。



スポンサードリンク