ホーム自宅でのセルフヘッドスパのやり方解説!マッサージ方法とおすすめグッズ

自宅でのセルフヘッドスパのやり方解説!マッサージ方法とおすすめグッズ

最終更新日:2019年2月14日

頭を振る人

セルフヘッドスパのやり方手順

自宅でできるヘッドスパには、大きく分けて以下の3種類があります。

  • 髪を修復したり美髪目的のヘッドスパ
  • シャンプー後に行うマッサージ主体のヘッドスパ
  • 髪は洗わずに行うドライヘッドスパ

それぞれの手順についてご紹介すると

美髪目的のヘッドスパのやり方

ヘッドスパではありますが、内容としてはヘアトリートメントと同じ意味です。

やり方は、通常通りシャンプーで洗髪を行った後、市販のトリートメントなどヘッドスパ効果がある商品を髪に塗ってしばらく置き、洗い流すタイプの場合はすすいで紙を乾かします。

マッサージ主体のヘッドスパのやり方

いつものシャンプーにマッサージを追加するスタイルのヘッドスパです。

やり方は、通常通りシャンプーを行って髪と頭皮がきれいになった状態で、湯船につかりながらだったり髪を乾かす前などに、頭皮のマッサージしていきます。

ドライヘッドスパのやり方

よくブラッシングをして髪の汚れを取り除いた後、ツボ押しやマッサージを行っていくヘッドスパ方法です。

指の滑りをよくするためや頭皮の保湿効果を考えて、オイルを数滴頭皮に垂らして行うやり方も有効的です。

おすすめのヘッドスパグッズ紹介

自宅で簡単にヘッドスパが行えるグッズとして人気なのが、「LIFA(リーファ)」というセルフヘッドマッサージ機です。最新版は、以下の「ReFa GRACE HEAD SPA(リーファグレイスヘッドスパ)」です。

【ポイント最大33倍】お買い物マラソン リファグレイス ヘッドスパ ReFa GRACE HEAD SPA 【ポイント10倍】 【メーカー公式店】 リファ MTG 頭皮 頭皮ケア 頭皮クレンジング ヘッドスパ rifa P10

リーファの使い方は、頭皮に軽く押し当ててローリングさせるだけです。

エステティシャンに頭皮をつまみあげられているようなマッサージ技術がテクノロジーによって再現されているので、誰でも簡単にヘッドスパできることで人気を集めています。

ベビーオイルやアロマを使ってさらに気持ちよく

グッズとは少し違いますが、自宅でセルフヘッドスパを行う場合、ベビーオイルやアロマオイルを使うことで、ワンランク上の気持ちよさを味わうことができます。

ヘッドスパはリラックス効果も期待したいところなので、お気に入りの香りのオイルで頭皮のマッサージを行えば、気分もよくなります。

ただし、人によっては皮膚にオイルが合わない場合もあります。

また、オイルには保湿効果があるのですが、長時間オイルをつけたままにしておくことは、頭皮に汚れが付着する原因にもなりますので、その日のうちにちゃんとシャンプーをするようにしましょう。

セルフでもできる炭酸ヘッドスパ

炭酸ヘッドスパは、サロンでも人気のヘッドスパメニューです。

自宅で行う方法は、シャンプーをして頭皮がきれいになったところで、炭酸水を頭皮につけて浸透させるやり方があります。

別のやり方としては、炭酸シャンプー「ルメント」 をつかってう方法もあります。

ルメントは、高濃度炭酸が配合されている泡タイプのシャンプーで、3日に1回、普通のシャンプーとおきかえて使用する特別なシャンプーです。

炭酸だけでなく美容成分も含まれている為、よりサロンのヘッドスパに近づけたい人にはおすすめです。

気持ちいいマッサージのコツ

ヘッドマッサージを気持ちよく行うためのコツは、頭皮のツボの位置をしっかりと抑えることです。ツボについてはこちらの記事に詳しく書きました。
ヘッドスパで効く頭頂部のツボはどんなものがあるの?

ツボの押し方は、すこし強めが気持ちよいと思いますが、個人差があります。強さを加減しながら、自分好みの程度をみつけ、優しく押し込むように圧迫するのがよいです。

ただし、ギュギュウと力任せに押すと、爪で頭皮を傷つけてしまったり、頭が痛くなってい待ったりする可能性もあります。

自分でセルフスッドスパをやってみて、「あんまり気持ちよくないなぁ」と思った場合は、サロンでプロに施術をしてもらうことをおすすめします。

自分の頭は自分で見ることもできませんし、頭皮に触れるためには、手を挙げた状態を長く続けるのは疲れるものです。

他人にやってもらう方が気持ちがいいことは、どうしようもない事実ですね。

毎日の頭皮ケアとしてヘッドスパを行うのは自分でできる範囲で行えばよいですが、たまのご褒美にヘッドスパをやってもらうことは、また別の気持ちよさがあります。



スポンサードリンク